三陽山長

2008年9月18日 (木)

2008/09/17(水) 三陽山長 ダブルモンクストラップ 

この日は夜に大事な会食があったため、最初はクロケット&ジョーンズのVフロントにしようと思いましたが、今週雨が降らないのはこの日だけの見込みであったことから革底の靴を履くことにしました。

革底の靴としては先週履き下ろしたジョンストン&マーフィーのストレートチップがありますが、夜の会食に合わせるには硬すぎる感じがしたため、三陽山長のダブルモンクを選択しました。

ダブルモンクを履いている人はあまり多くないため、ちらりと見えるバックルの金具がお洒落に見えます。またキャップトゥであるため、フォーマルな場にも対応できる靴だと思います。会食も大いに盛り上がり、楽しい夜を過ごすことが出来ました。

2008年9月13日 (土)

2008/09/12(金) 三陽山長 ダブルモンクストラップ 

この日は三陽山長のダブルモンクを選択しました。今週水曜日につま先部分へのゴム貼付補修を施してから、初めての使用になります。

今週はジョンストン&マーフィーをデビューさせてローテーションに余裕が出来たことから、つま先の減りがウエルトに届く前に補修したものです。大体週一の使用で3カ月弱で補修をしたことになります。

本格靴は10年履けるので、1年で1万円の靴を履き潰すよりコストパフォーマンスが高いと言う人もいますが、補修費等のランニングコストを考えると「高い靴は維持費も高い」が正解だと思います。

2008年9月 7日 (日)

2008/09/03(水) 三陽山長 ダブルモンクストラップ 

この日は久しぶりに雨の降る心配が少なかったため、三陽山長のダブルモンクを選択しました。夏休みと雨の関係で8月11日以来、約3週間ぶりの登場です。

夜にレストランでの会食もあったため、フォーマル感を持つこの靴は相応しいと考えたのです。ただ会食では少々ワインを飲みすぎてしまい、帰りに千鳥足で歩んでいたところ路肩の縁石で踵の左後ろ部分を擦ってしまいました。

やはり飲みすぎは健康のためにも、靴のためにもよくありません。

2008年8月14日 (木)

2008/08/11(月) 三陽山長 ダブルモンクストラップ 

Img_3011

今週は夏休みの関係で革靴を履く日が3日しかありません。天気は1週間通じて良いようなので、まず三陽山長のダブルモンクを選択しました。

もともとダブルモンクはジョン・ロブが宇宙飛行士の靴をイメージしてデザインしただけあって、フォーマルなスタイルながら機械的な印象を受けます。

ダブルモンクの靴を履いている人はあまり見かけません。やはり脱ぎ履きにストラップを外す必要があり面倒だからでしょうか。

2008年8月 8日 (金)

2008/08/07(木) 三陽山長 ダブルモンクストラップ 

Img_3004

今週は前半3日にラバーソールの靴3足を履いたため、残る2日は革底靴の出番となります。まずは三陽山長のダブルモンクです。

前回5回目の使用でほとんどストレスなく履けたため、今回は更なるフィット感の向上を期待していたのですが、履き始めの時と同様に右足の踵と左足の親指の付け根を少し咬まれました。ベストフィットにはもう少し時間が掛かるようです。

2008年7月29日 (火)

2008/07/29(火) 三陽山長 ダブルモンクストラップ 

Img_3002

今日は晩に座敷での会食があったため、脱いだ後も佇まいの美しい三陽山長のダブルモンクを選択しました。

しかし晩に大雨が降り、直接は降られなかったもののソールは地面の水分を吸収し、柔らかくなった部分に小石が埋まってしまいました。こんな大雨が降ると分っていれば他の靴を選択したのですが後悔先に立たずです。

今日で5回目の使用ですが、ようやく本格的にフィット感が上がってきました。昨日のハッシュパピーと比べると履き心地は明らかに上質です。

2008年7月23日 (水)

2008/07/23(水) 三陽山長 ダブルモンクストラップ 

Img_3012

今日は雨の心配が無かったことと、晩に予定が入っていなかったことから、フィッティングが最もきつい三陽山長のダブルモンクを選択しました。

履き下ろしてから4回目ですが、履き心地は徐々に良くなってきています。まだ革は堅めで馴染むのには時間が掛かりそうですが、右足の踵と左足の親指の付け根を咬まれることはなくなりました。

写真は付属の布袋です。このデザイン、ギャグなのか真面目なのか測りかねます。

2008年7月17日 (木)

2008/07/17(木) 三陽山長 ダブルモンクストラップ 

Img_3007

今日は一日大きなイベントもなく、また雨の降る心配も無かったので三陽山長のダブルモンクを選択しました。

この靴を履くのは3回目ですが、しっかりと両踵と左足の親指の付け根を咬まれました。まだ履き慣らすまではしばらく時間が掛かりそうです。ただ耐えられないほどの痛みではなく、「靴を履きこなすことは、マゾの世界なのだ」との落合氏の言葉の意味が少し分かったような気がします。

山長の靴は脱ぐと醤油屋のようなロゴの下にしっかりと「品質本位」と書かれています。ちょっと笑えます。

2008年7月10日 (木)

2008/07/09(水) 三陽山長 ダブルモンクストラップ 

Img_3003

先週履き下ろした三陽山長のダブルモンク「源太郎」は月、火と雨だったため、この日にようやく2回目の登場となりました。

前回は右足の踵と左足の親指の付け根にダメージを受けましたが、2回目にして足が痛むことは殆どなくなりました。快適と言うレベルにはまだまだ革が硬い印象ですが、今後が期待出来ます。

しかしこの「山長」のロゴ、和風で良いのですが、靴に詳しくない人に醤油メーカーか漬物屋の商号と説明したら簡単に信じてしまいそうなデザインです。

2008年7月 2日 (水)

2008/07/01(火) 三陽山長 ダブルモンクストラップ 

Img_3001

この日は雨の心配が無かったので先週購入したばかりの三陽山長のダブルモンクを履き下ろしました。モデル名は「源太郎」、木型は今年発表されたものとのことです。

靴を買い揃えていく途中で一足はダブルモンクが欲しくなり、色々なブランドを見て回った結果これに決めました。

最近靴を買い過ぎていたため、本当は見るだけの積りだったのですが、試着してフィット感が良かったため購入に踏み切りました。実際は衝動買いです。

日曜日に室内履きで慣らしていたのですが、少しきつめのフィットだったこともあり、1日履いて右足の踵と左足の親指の付け根をしっかりと咬み付かれました。来週は履き心地が改善するか楽しみではあります。